HOME > セミナー ・ イベント
CATEGORY
東京IT支援センター紹介
入居企業紹介
メルマガ申し込み
セミナー ・ イベント 韓国 IT ニュースサイト アクセス 일본진출 및 입주가이드 KOTRA日本地域本部 東京輸出インキューベーターセンター
セミナー ・ イベント
EdTechで描く日本の英語教育の未来 in 韓国 IT Expo
  • 開催日 : 2018年11月27日
  • 場 所 : ザ・プリンス パークタワー東京 (東京都港区) 



――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【セミナー】 EdTechで描く日本の英語教育の未来 in 韓国IT Expo 2018 を開催 無料
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
初等学校段階で日本よりも先に英語必修化を実現し、現在も長い時間を英語に割いている韓国。
EdTechを英語教育にどう適用されているのか、その最新動向セミナーと韓国教育会社と
交流できるイベントを11月27日に開催します。

同時開催イベントとして韓国ITEXPOを開催いたしますので、韓国AI, IoTなど4次産業の現況、
英語教育の動向など、韓国の最新IT情報をいち早く得たい方、韓国企業とのビジネスをお考えの方は、是非ご参加ください。

■ 会 期: 2018年11月27日(火) 15:30~17:50 (開場15:15)
        韓国 IT EXPOは 10:00~18:00 (受付9:30~)
■ 会 場: ザ・プリンス パークタワー東京 -『 きんもくせい 』  アクセス 
        住所:〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1
        TEL:03-5400-1111
■ 主 催: 科学技術情報通信部
■ 主 管: 大韓貿易投資振興公社(KOTRA)

■ 韓国におけるEdTechセミナー (定員150名) 『きんもくせい』    詳細はこちら
 時 間  タイトル 講 師
15:30-16:50   EdTechが描く日本の英語教育の未来
    ~隣の国、韓国からみた英語EdTechの今後について~

    1.日本の英語教育の現状と課題について
    2.韓国の事例から日本の英語教育を考える
    3. EdTech のBlended Learning効果
    4.英語が話せる韓国のEdTech活用事例
    5.デジタル教材でぐんぐん伸びる4技能
  上智大学名誉教授 加藤 幸次氏,
  愛知教育大学教授 高橋 美由紀氏,
  TIME教育 海外事業部課長 金亨順氏,
  CHUNGDAHM Learning 日本事業部チーム長 Joshua Yeo氏,
  株式会社Pep代表 吉澤 眞理氏


同時開催のイベントです。ご興味のある方はこちらもぜひご参加ください。
■ 展示企業: 10:00~18:00 『 コンベンションホールE・F・G 』 展示企業一覧  
 分野  詳細
AI/VR   4K,360度画像などのストリーミング/疾病予測/インフォグラフィック
  VRカラオケ/ARキャラクター制作/音声認識クイズ
  遺伝子分析による健康管理、ロボアドバイザー
IoT/モバイル   熱センサーIPカメラ、超長距離Wi-Fi、M2M/車両追跡、アルバイト管理アプリ・ビーコン
   IoTゲートウェイ/液体監視、スマートファクトリー
   モバイルパフォーマンスモニタリング、工場の自動化
エンタープライズICT   ユーザーUI・UX分析、コンテナ仮想化ソリューション、ウェブアンケート
  無線充電・画面広告、デジタルスタンプ、ウェブ広告ソリューション
  一般向けスポーツ映像記録・分析システム、遠隔サポート
EduTech   電子黒板、ペンタブ、オンラインTOFFL対策、簡易投影装置
セキュリティ   ログ解析ハッキング検出クラウドプラットフォーム、悪性コード分析、エンドポイントセキュリティ
  電子メールセキュリティ、クレジットカード向けVirtual One-Time Codes
ハードウェア   スマートタッチテーブル、ゴルフシュミレーションシステム、360度画像撮影、
  スマートLED照明、タブレット機器同時充電

■ 韓国IT最新動向セミナー (各定員150名) 『きんもくせい』
 時 間  タイトル 講 師
10:30~11:10   IoT×AIで加速する超スマート社会と韓国の未来
  1. 世界初の5Gサービスとスマホ中心の社会
  2. 現金を持たないのが当たり前、韓国のキャッシュレス
  3. 自律走行車開発の現況と展望
  4. 普及しつつあるAIスマート家電
  5. AIとIoTの活用事例
  6. 5G・AI・IoTで進化するスマートヘルス
  7. 仮想通貨以外にもブロックチェーンを積極活用
  東京大学大学院情報学環
  特任助教 趙章恩氏
14:40~15:10   韓国における企業のAI最新活用事例と日本での応用
  ㅇ 貯蓄銀行:カードローンの審査に適用、業界トップ水準まで延滞率が減少
  ㅇ 保険会社:自動車保険の引受審査モデルを高度化、保険損害額が大きく減少
  ㅇ 非金融分野:疫病発生の予測、部品の需要予測など
  DAYLI Intelligence Inc. アジア事業開発
  チーム長 藤井 正辰氏

■ 韓国スタートアップPitch (定員150名) 『きんもくせい』
 時 間  内容
13:00~14:00   精鋭ベンチャー企業10社による発表
  4Grit (UI/UXユーザー導線分析), VREX Lab (VR,ARキャラクター制作、育成)
  SELVAS AI (AIによる疾病予測), IT&BASIC (ライブコミュニケーションツール)
  Newsjelly (ビックデータ可視化), Blue Night (ビーコンによる出勤管理)
  12CM (電子決済スタンプ), SSENSTONE (クレジット向けOne-Time Codes)
  ANYRACTIVE (電子黒板), NAMUTECH (コンテナ仮想化ソリューション)